てるみくらぶトラブル続出の真相は資金繰り失敗!保証は少なく、出国中の人は自己解決ってマジ?!

てるみくらぶトラブル続出の真相は資金繰り失敗!保証は少なく、出国中の人は自己解決ってマジ?!


旅行代理店の「てるみくらぶ」が破産手続きを開始したことを発表!
トラブル続出で利用者から苦情が殺到していた「てるみくらぶ」ですが、その真相は資金繰りの失敗にありました。

すでに「てるみくらぶ」を利用して渡航中の人は「自分でなんとかしてください」って・・・マジ?!

 

【スポンサードリンク】


 

「てるみくらぶ」トラブル続出の真相

旅行会社の突然の破産!
旅行者が増えるこの時期に…ということで影響はかなり大きいでしょうね。

■航空券が発見できない等トラブル続出■
旅行代理店「てるみくらぶ」は”格安”を売りにして海外ツアーを多数取り扱っていました。
オンラインでのツアー販売をメインとし、札幌、名古屋、大阪、福岡に支社をもつ会社でした。
リーズナブルに海外に行ける、他の旅行会社にはない個性的なツアーがあるとして、人気があったといいます。

しかし、2017年3月25日、「てるみくらぶ」を利用した顧客からのトラブル報告が相次いでいることが発覚しました。

「入金後、会社と連絡が取れなくなった」
「航空券が発見できない」
「突然臨時休業になってしまった」

などなど、トラブルが続出したのです。

問題の「てるみくらぶ」はメールで顧客に対してこんなことを伝えてきました。

 ・航空券が発券できなくなっている
 ・すでに発行済みの航空券は使用できるかわからない

海外旅行ということで高額な金額を支払った人も多く、
こんな不安をあおるようなメールのみの対応とのことで問い合わせが殺到したようです。

そして3/27、「てるみくらぶ」は正式に破産手続きを開始したことを発表したのでした。

■トラブルの真相は・・・!■
航空券の発券や使用ができなくなったトラブルの真相は「てるみくらぶ」の資金繰りの失敗でした。
問題が発生した3/23、「てるみくらぶ」は航空会社に支払う予定の約4億円の資金を用意することができず、「てるみくらぶ」を介して航空券を購入した旅行者の航空券の発券ができなくなっていたのです。

実は「てるみくらぶ」はおととしから経営が悪化し、実質自転車操業状態になっていました。
経営悪化の原因は利益に見合わないほどの広告費の支出。
新聞やインターネットなど、自社のツアーを宣伝するために広告費をかけすぎてしまったようです。

「てるみくらぶ」の負債額は合計で151億円。
その内の約100億円は顧客に対する負債とのこと。
対象となるのはおよそ9万人!!

つまり、9万人の方々がお金だけ払って旅行に行けなくなった…ということですね。
ちなみに「てるみくらぶ」からの費用の全額返還はかなり厳しいようです。

■破産の予兆があった!■
「てるみくらぶ」は旅行代金の現金一括払いを推奨していたようです。
現金一括払いなら旅行代金を割り引きするというサービスもありました。

カード払いの場合、旅行代理店である「てるみくらぶ」への入金が遅れてしまうため、
なるべく早く入金されるように現金払いを推奨していた可能性が高いようですね。

とはいえ、それだけで「この会社はやばい!」なんて気づける人は少ないでしょう。

「てるみくらぶ」は航空券が発券できなくなる直前まで普通に営業し、
顧客からの入金も受け付けていました。
おそらく、多くの方は疑うことなく、入金してしまっていたことでしょう。

 

【スポンサードリンク】


 

「てるみくらぶ」の後処理が最悪

実際に旅行を計画し、すでに入金済みの方にとっては「てるみくらぶ」の破産は悪夢でしかないでしょう。
しかも、入金した代金の全額返金は絶望的とのことですからね・・・

とくに困ってしまうのはすでに渡航中の方ではないでしょうか。

■自分でなんとかして!ってマジ?!■
「てるみくらぶ」の破産により、航空券の発券や使用ができなくなってしまったわけですが、
すでに海外に飛んでしまっている方もいらっしゃいます。
その数、なんと3000名!!

現地に到着して「ホテルが予約されていない」という被害がさっそく多発しているようです。

そういった方々については、破産した「てるみくらぶ」が何かできるはずもなく・・・

「自力でなんとか・・・」

という放り投げっぷり。

知らない土地で言葉も通じないのにこの仕打ちはひどいですね。
クレジットカードを持っている人であれば、まだ何とかなりますが、
現金しか持っていない人にはかなり厳しいですよね。

■自返金は絶望的?!■
顧客が支払った旅行代金はどうなってしまうのでしょうか?
全額返金は厳しいと言われていますが、少しでも返してほしいですよね。

今後、支払った旅行代金の返金は日本旅行業協会から行われることになります。
日本旅行業協会は旅行会社から保証金を預かっているため、そこから一部返金が可能とのこと。

しかし、保証金は1億円程度であるため、すべての顧客へ全額を支払うということはできません。
顧客への負債合計が100億円ですから、単純計算したとして、支払った額の1パーセントくらい?

100万円支払ってたら1万円・・・とか?

こんなの全然納得できませんね(T_T)

 

【スポンサードリンク】


 

まとめ

卒業旅行シーズンで最後の荒稼ぎか?!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)