加藤ミリヤ『愛の国』の歌詞は不倫相手彼氏のこと?歌詞がリアルすぎてやばい!

加藤ミリヤ『愛の国』の歌詞は不倫相手彼氏のこと?歌詞がリアルすぎてやばい!


イケメン料理人との不倫が報じられた歌手の加藤ミリヤさん。
現在は不倫相手の関係に終止符を打ったそうですが、加藤ミリヤさんの『愛の国』の歌詞がこの不倫相手彼氏のことだったのでは?と話題になっています。

そう思って歌詞を追ってみると・・・けっこうリアルでやばいです!

 

【スポンサードリンク】


 

加藤ミリヤの不倫彼氏はイケメン料理人


■加藤ミリヤ プロフィール■
芸名:加藤ミリヤ
本名:加藤美穂
生年月日:1988年6月22日
出身:愛知県

シンガーソングライターの加藤ミリヤさん。
幼い頃から安室奈美恵さんやローリン・ヒルに憧れ、歌手を目指していました。
13歳でソニーミュージックのオーディションを受けて合格。2004年の高校1年生でメジャーデビューされています。
歌詞は10歳から、曲作りは14歳からスタートし、中学生時代は毎週末東京に来て歌のレッスンを受けていたそうです!

元々歌が上手なのかな?と思いきや、とっても努力されているんですね~。
最近はディズニーアニメーション映画「モアナと伝説の海」の主題歌も歌われていますね!

心に響く切ない歌詞が若い女性に大人気!
また、シンガーソングライターとしてだけでなく、ファッションリーダーとしても注目を集めています。
加藤ミリヤさんの特徴である困り眉を真似する女性も多かったですよね。
ファッション誌にもたびたび登場し、そのファッションセンスに憧れる人もたくさん!


絵になりますね!!

■加藤ミリヤの激やせは不倫彼氏が原因?■
加藤ミリヤさんと言えば、最近激やせされたことも話題になっていましたね。
一部では「病気なのでは?」と心配の声も上がっていましたが、不倫報道が出たことで、

「実は不倫に悩んでいて激やせした?」

と感じている人もいるようです。

実際のところは本人にしかわかりませんが、不倫をしていて後ろめたさを感じない人はいないでしょうから、それなりに加藤ミリヤさんにもストレスがあったと思われます。
アーティスト気質で繊細な歌詞を書かれる方ですから、むしろドツボにはまってしまうような・・・
加藤ミリヤさんの激やせが噂されているここ1,2年が丁度不倫相手彼氏との関係があった時期のようなので、もしかしたら原因になっていたかもしれませんね。

そんな加藤ミリヤさんの不倫相手彼氏は、イケメン料理人とのこと。
都内のお店も評判がよく、テレビにも出演されたことがあるそうです。
年齢は30代後半とのことですので、現在28歳の加藤ミリヤさんとは10歳近く年の差があるようです。

ただ、意味がわからないのがその不倫相手彼氏との関係。
加藤ミリヤさんがお付き合いをスタートしたころ、その彼氏には妻がいたのですが、
その後離婚して、現在は内縁の妻とその子供と3人で暮らしているんだとか。

え??
妻と内縁の妻と加藤ミリヤさんの3人の女性がいたってこと?
しかも不倫していたのに別の女性と内縁関係になっちゃったって、ちょっと意味が分かんないんですけどΣ(・・;)
加藤ミリヤさんは裏切られちゃったってことになりますね。

これは辛すぎる・・・

 

【スポンサードリンク】


 

加藤ミリヤの『愛の国』の歌詞がやばい

加藤ミリヤさんは2016年12月に『最高なしあわせ』という曲をリリース。
そのカップリングには『愛の国』『幻』という曲も収録されていて、3曲で1つの物語を表現したそです。

加藤ミリヤさんは「この曲を作れるのは私しかいない」と語っていました。

■『愛の国』3部作の意味とは?■
加藤ミリヤさんは『最高なしあわせ』『愛の国』『幻』について、それぞれの意味をこんな風に話しています。

・『最高なしあわせ』
想い合う幸せな二人の男女の最高な瞬間を切り取った曲

・『愛の国』
二人の幸せが誰かを不幸にしてしまう・・・それでも二人にとってはかけがえのない愛の国だと思えるという曲。

・『幻』
終わってしまった恋を振り返る曲。恋を幻にしたいという気持ちから。

恋の障害にはいろいろありますが、どうも2曲目の『愛の国』の歌詞を見ると、この3部作で二人の男女が直面する恋の障害は不倫のようです。
つまり、加藤ミリヤさんはこの3部作で自分の不倫体験による苦しくも幸せだったひと時を曲にしたのではないか?との憶測が飛び交っているんですね。
ご本人は友達の体験を参考にした、と言っているようですが不倫報道が出てしまった今となっては疑われてもしかたないかもしれませんね。

■『愛の国』の歌詞がリアル!■
そんな『愛の国』の歌詞には、不倫を思わせるなかなかリアルな表現が多くあります。
一部、抜粋します。

・”薬指に誓いは輝き・・・”
・”手をつないで街を歩けたら・・・”
・”密やかな時間だけが生きがい”
・”もっと早く出会っていれば・・・”

“薬指に”という部分で相手が既婚者であるということがわかりますね。
普通に一緒に眠ることも、手をつないで歩くこともできない秘密の関係。
結婚する前に出会えていたらよかったのに・・・このあたりは不倫経験のある女性にとっては共感できるところなのではないでしょうか。

・”秘密を守る悲しみはあなたしか救えない”
・”誰かの夢 大事なもの 壊しても未来願う”
・”最後に私を選んで”

不倫をしている女性は「相手の家庭を壊す気はない」というタイプと、「奥さんじゃなくて私を選んで!」というタイプに分かれますが、この歌詞では後者の気持ちが強そうですね。
まぁ、これが女性の本当の気持ちだとは思いますが・・・。
なかなか報われるものではないですよね。

加藤ミリヤさんもこの歌詞のような気持だったのでしょうか?
結局、不倫相手彼氏は別の女性と内縁関係になってしまって自分は破局となってしまいました。
そう考えながら歌詞を見るとなんだか切なくなってしまいますね。

 

【スポンサードリンク】


 

まとめ

不倫はいけないことですが、それを止められないのもまた女心。
早く吹っ切って幸せな恋愛をしてほしいですね!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

よく読まれている記事