細川珠生の家系図に細川ガラシャ!父は細川隆一郎で一般人の夫と結婚!

細川珠生の家系図に細川ガラシャ!父は細川隆一郎で一般人の夫と結婚!


2017年5月26日だったらの爆報ザ・フライデーに細川珠生さんが登場するようです!
政治ジャーナリストの細川珠生さんはセレブな上に家系図にはあの”細川ガラシャ”さんが…!
いったいどんな方なのでしょうか?

 

【スポンサードリンク】


 

細川珠生とは?

細川珠生(ほそかわ たまお)さんは政治評論家の細川隆一郎さんの娘として1968年に東京で誕生。
聖心女子学院の小・中・高等科を経て、聖心女子大学文学部外国語外国文学科を卒業。
それと時を同じくしてアメリカのペパーダイン大学政治学部への留学経験もあります。

20代からはフリージャーナリストとして活躍し、主に政治家や地方自治を取材。
出版した書籍も数多くあります。
とくに有名なのは細川珠生さんが父親である細川総一郎さんとの関係について綴った「娘のいいぶん~がんこ親父にうまく育てられる法」ですね。
まだペパーダイン大学在学中とういお若い時期にこの書籍で第15回日本文芸大賞女流文学新人賞を受賞しておられます。

現在は千葉工業大学の理事を務めつつ、政治ジャーナリストとしてもご活躍されています!

細川珠生さんはとても聡明で活動的な印象を受ける女性ですね!
それにしても学生時代の経歴はtheお嬢様!というかんじですね~。
聖心女子学院といえば、東京都港区白金にある、完全小中高一貫教育を提供する私立学校です。
カトリック女子修道会である「イエズスの聖心会」を母体としていて、カリキュラムにもキリスト教の色が濃く出ているようです。

最近はキリスト教徒でなくてもミッション系の学校に進学される方も多いですが、細川珠生さんはキリスト教カトリックの信者で洗礼名もお持ちだそうですよ。

なんとその洗礼名・・・

”ガラシャ”

というのだそうでう!

細川ガラシャ・・・どこかで聞いたことありますよね?
実は細川珠生さん、本当にあの細川ガラシャの末裔なんです!!

 

細川珠生の家系図がすごい!

細川珠生の父:細川隆一郎

細川珠生さんの父親である細川隆一郎氏は大正8年生まれの熊本県出身です。
早稲田大学政治経済学部政治学科卒業し、毎日新聞東京本社に入社。
その後第二次世界大戦により、硫黄島への出征もしましたが、復職後は政治部の記者として活躍。
毎日新聞では、東京本社編集局次長、 中部本社編集局次長、東京本社編集顧問とエリート街道まっしぐら!
退職後も政治記者として培った経験を活かして政治評論家に。

毎日新聞在籍中には政界汚職粛正のために、「日本政治への提言」を連載。
これが評価され、新聞協会賞を受賞されたこともあります。

細川珠生さんが政治ジャーナリストになったのは父親である細川隆一郎氏の影響かもしれませんね。

細川珠生の大叔父:細川隆元

細川珠生さんの家系図にはほかにもすごい方が!
それが細川珠生さんの大叔父にあたる細川隆元(ほそかわ りゅうげん)氏。
細川隆一郎氏と同じ熊本県出身で、明治33(1900)生まれ。
高等学校までを地元の熊本で過ぎし、東京帝国大学政治学に進学。

大学卒業後は、朝日新聞社入社すると、政治部長、ニューヨーク支局長、編集局長・・・とこちらもかなりのエリート街道!!
細川隆一郎さんはもしや細川隆元さんの影響で政治記者になったのでしょうか?!

細川隆元さんは朝日新聞社を退社後は衆議院銀としてもご活躍されていました。

 

【スポンサードリンク】


 

細川珠生の家系図に細川ガラシャ!

細川珠生さんの家系図でも近しい方々の経歴はすばらしいですね!
しかし、これだけで驚いてはいけません。

細川珠生さんはなんと、かの有名な明智光秀の娘細川ガラシャの末裔なのです!!

細川ガラシャの本名(旧姓)は明智玉さん。
純粋な日本人です。
細川ガラシャも細川珠生さんと同じようにキリスト教信者でした。
「戦国一の美女」と言われた細川ガラシャは織田信長の勧めで、彼の家臣だった細川忠興と結婚し、細川家に嫁ぎました。

夫の細川忠興もなかなかの美男子で教養も高く、戦場でも大活躍するような超デキル男だったそうです。
織田信長への忠誠心もかなり厚く、義理硬い男だったと言われる反面、カッとなりやすく冷酷非道な面も持っていた・・・という噂があります。
細川ガラシャは美女なだけではなく、頭も切れる女性だったので、なんだかんだでうまくいっている夫婦だったようですよ。

しかし、本能寺の変で明智光秀(義理の父)が織田信長(主人)を裏切った時は、細川忠興は明智を助けることをせず、妻であり、明智の娘である細川ガラシャも幽閉することに。
ただ、幽閉している間も2人の間には子供ができていたそうなので、建前上幽閉していても、変わらず細川ガラシャを愛していたのでしょうね。

そんな戦国時代の美男美女カップル細川忠興&細川ガラシャの子孫が細川珠生さんなのです!

ご先祖様が超有名人とは羨ましい限りですね!!
こうして戦国時代から続く血筋ってなんだかロマンがありますね。

ちなみに、細川護煕元総理大臣も「細川ガラシャの子孫?」と噂されることがありますが、彼の場合は細川家(熊本藩主)の末裔ではあるものの、側室との間にできた子どもの子孫ということなので、細川ガラシャの子孫ではないようです。

細川珠生の夫と子供は?

細川珠生さんは1968年生まれで現在48歳(2017年5月現在)。
すでにご結婚されて、お子さんもいらっしゃるそうです。
結婚が30歳でお子さん誕生が36歳の時ということなので、現在は12歳の子供のママということになりますね。
まだまだ子育てに忙しい時期ですな。

ちなみに結婚相手の夫については非公表となっています。
どうやら一般人の方のようです。

細川珠生さんは政治ジャーナリストとしてバリバリ働くキャリアウーマンですから、夫の理解やサポートは必須ですね!
お話も合うような方と考えると、やはり高学歴のエリートなのでしょうか??
お子さんの教育にも力を入れていそうですね!

大切な細川ガラシャの血筋、今後も絶やさずつなげていってほしいです!
 

【スポンサードリンク】


 

まとめ

細川珠生さんの”珠生”という名前は細川ガラシャの本名”明智玉”からきているのかな??

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)