GENKINGは借金まみれで消えた?見栄でセレブと嘘をつき続けた結果がやばい!

GENKINGは借金まみれで消えた?見栄でセレブと嘘をつき続けた結果がやばい!


インスタで話題となり、突如芸能界に現れたオネエタレントのGENKINGさん。
現在はテレビでお見掛けする機会も減り、「消えた?」と囁かれていましたが、「しくじり先生」で実はセレブというのは嘘で、借金まみれだったことを告白!!
見栄から始まった借金地獄の内容がやばすぎでした。

 

【スポンサードリンク】


 

オネエタレントGENKINGは借金まみれ?!


GENKINGさんはインスタで「謎の美少年」と話題になって芸能界デビュー。
デビュー前から中世的な容姿とオシャレな最新ファッションアイテム、華やかな交友関係、セレブな暮らしで一般人ながら若者から絶大な人気を得ていました。

「や~よ♪」が口癖のオネエタレントで、一時期は数々のテレビ番組に引っ張りだこでしたね!
それがいつの間にか消えてしまい・・・
気になっている方も多かったようですが、実はGENKINGさんもいろいろ大変だったみたいです。

5/28の「しくじり先生」ではGENKINGさん自ら自分の過去について告白。
その内容はとても衝撃的なものでした。

◆始まりは田舎コンプレックス
GENKINGさんの本名は田中元輝(たなかげんき)さん。
生まれは大分県で、両親の離婚をきっかけに愛知県の田舎町へ。

GENKINGさんは田舎で育ったため、子供のころから人一倍、都会やブランド品への憧れが強かったようです。
特にGENKINGさんが憧れたのは渋谷!!
15歳で上京し、ソッコーでギャル男になりました。
そして18歳のころにはさらに進化してハイパーヤマンバギャルヘ。

GENKINGさんは田舎育ちであることにとても強いコンプレックスがあり、それを隠すために見た目もどんどん派手になっていったようです。

「田舎者だと思われたくない」
「田舎者だと恥ずかしい」

そんな気持ちからどんどん自分を偽るようになっていきます。

住所が渋谷区じゃないとかっこ悪いからと渋谷の高級住宅地である神山町や松濤に住むことにこだわったり、ブランド品を買いあさったり・・・
身の丈に合わない仲間の中で必死にセレブのようなふりをして暮らすようになっていきました。

◆加速する見栄と嘘のセレブ暮らし
GENKINGさんはどんどん交友関係も派手になっていき、遊ぶ地域も渋谷から六本木へ変わっていきます。
これによって飲食費、娯楽費、美容費はさらに高くなっていきました。
とくにGENKINGさんが苦労したのはタクシー代だそうです。

周りの友人はみんなセレブばかりなので、一人だけ電車を利用するなんて恥ずかしくてできなかったといいます。
それでもお金に困ったときは友人と別れてタクシーに乗ったと、ワンメータで降りて自転車で帰宅していたとか・・・
ここまでして見栄を張ってしまったのは、やはり根底に”田舎コンプレックス”があったからなのかもしれませんね。

◆カードローン借金地獄のきっかけ
そしてついに、GENKINGさんはカードローンに手を出してしまいます!
そのきっかけになったのはシャネルの腕時計

当時GENKINGさんはこう考えたそうです。

『ブランド品やおしゃれな部屋よりもいい時計1本の方が価値がある』

自分をもっとよく見せたいという見栄から、180万円のシャネルの時計をカードで購入。
お店ではかっこつけて「一括払いで!」と言ったものの、帰宅後すぐにリボ払いに変更し、月々3万円の分割払いに。
結局リボ払いの手数料は68万円まで膨らみ、合計で250万近くを支払うことになってしまいました。

しかし、GENKINGさんはこれをきっかけにますますカードローンを利用するようになっていきます。
そこには

クレジットカードの限度額=自分の貯金額

という錯覚が生まれてしまっていたのです!

支払いはカードでスマートに、返済はすべてリボ払いで自分では何のお金なのかも管理できなくなり、次第に借金まみれの生活に。
最終的に借金額は1000万円にまで膨れ上がってしまっていたのでした。

 

【スポンサードリンク】


 

GENKINGは借金と嘘のセレブ生活でやばいことに・・・

増え続ける借金に悩みながらも見栄とセレブ生活への憧れを捨てられなかったGENKINGさん。
とくにGENKINGさんが憧れていたのは世界的なセレブであるパリス・ヒルトン
実は、GENKINGさんはパリス・ヒルトンがインスタグラムを利用していたため、それを真似て自分もインスタグラムを始めたのだそうです!

GENKINGさんはインスタグラムでも見栄を張り続けました。
すると、ブランド品や華やかな毎日の投稿がたちまち人気に!!
「一般人だった自分がこんなに注目されるなんて・・・」その快感からさらにGENKINGさんの見栄はヒートアップ!

最新のブランド品はインスタに投稿するために購入し、即売却。
セレブ生活を装って海外の高級ホテルに1泊だけして帰国。
飛行機は片道だけビジネスクラスを利用。

などなど、偽装の毎日が続くようになっていきます。

◆セレブという嘘をつくために・・・
GENKINGさんは芸能界デビューしてからもセレブを装い続けました。
たしかにテレビで見るGENKINGさんは完全にセレブキャラでしたよね!

しかし、この嘘がさらに自分を苦しめることに。

とくにGENKINGさんを苦しめたのはプライベートに迫る密着系番組

キャラ通りのセレブな様子を期待されますし、GENKINGさん自身もセレブだと思われたいという見栄もあったそうです。

自宅公開番組では撮影のために高級マンションに引っ越し!
この時は家電も最新の高級なものを揃えて総額300万の出費になったそうです。

また、プライベート密着番組ではネイル、エステ、ブランド品購入、タクシー乗りまくりと3日間で100万近く使ってしまったのです。

もちろん、これらの出費はギャラで賄いきれるはずもなく・・・
嘘をつき続けるストレスから体にも変化が表れてしまったのです!

◆全身じんましんになって気づいたこととは
GENKINGさんは見栄を張るために嘘を重ね続けてしまいました。
その結果、あるとき体中にじんましんが!!!

ご本人も気づかないところで、かなりストレスを抱えていたのでしょうね。

それまでインスタでいいねをもらうために必死になっていたのに、人から褒められても何も感じないようになってしまったそうです。

そして、気づきます。

「見栄を張ることこそかっこ悪い」

ということに。

現在は借金は返済できていて、見栄のために身の丈に合わない生活や買い物はしなくなっているとのこと。
最近、「消えた」と言われるほどテレビで見かけなくなっていたのは、セレブのふりをしなくなったため、番組側が今までのように扱えなくなったからなのかもしれませんね。
けっこうセレブキャラが受けてたところもありますから。
しかし、みんなに憧れられる存在だったからこそ、真実を話してくれたのはとてもいいことだったのではないかと思います。
勇気のいることだったと思いますが、同じようなことに陥っている人には気づかされることも多かったのではないでしょうか。

 

【スポンサードリンク】


 

まとめ

GENKINGさんは「SNSは自慢のためにやってる人が多い」と言います。
確かに見栄の張り合いになっている場面はよく見かけますね。
GENKINGさんのようにしくじらないように気を付けないといけませんね!

★bonitaで人気!恋愛特集はこちら★

★Beauty系ニュースはこちら★

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)