家電量販店で安く買う方法!安い時期に上手に値引き交渉するポイントとは?

家電量販店で安く買う方法!安い時期に上手に値引き交渉するポイントとは?


家電量販店は交渉によってかなり安く買えることがありますよね。みんなどんな方法を使って安く買えているのか気になっている方も多いのではないでしょうか?
今回は安くなる時期に安く買う方法を使って初期見積もりから5万以上のディスカウントに成功した体験をレポしたいと思います!

 

【スポンサードリンク】


 

家電量販店はなぜ安くなる?

「他店より1円でも高かったらご相談ください!」という家電量販店はとても多いです。他のお店ではなかなかないことですよね。
では、なぜ家電量販店は方法によっては安く買うことができるのでしょうか?そこにはこんな仕組みがあるようです。

①売上金額を調整して顧客獲得
家電量販店は家電製品を作っているメーカーから家電を仕入れて、売上分をのせた金額でお客さんに販売しています。10万で仕入れた商品を15万で売れば、家電量販店の利益は5万円ですね。
例えばある家電量販店で15万円で売っていたものが、別の家電量販店では14万で売られていたとします。するとお客さんは14万のお店に流れてしまい、15万で売っている家電量販店は利益が得られなくなってしまいます。それなら利益が少なくなっても売れた方がいいですよね。だから売上金額を調整してお客さん獲得に力をいれているのです。

②家電メーカーからのインセンティブがある
家電量販店同士がライバルであるように、家電量販店に商品をおいてもらっているメーカー同士もまたライバルです。メーカーも自社製品の販売に力を入れてほしいし、たくさんの人に使ってほしいので、インセンティブという形でたくさん売ってくれた家電量販店にいくらか支払うことがあるようです。家電量販店はそのインセンティブがあるから安くても大量に売れた方が良いという考え方になるみたいですね。

大きく言えば、この2点が家電量販店で家電を安く買える理由となっているようです。

家電量販店で安く買える時期は?

家電量販店で家電が安くなる仕組みがわかると自ずとわかってくると思いますが、家電量販店はたくさんのお客さんに商品を買ってもらいたいから安くしてくれるのです。必然的に家電量販店が安くなる時期はお客さんがたくさん買い物する時期になってきます。

具体的な時期としては、
・新生活準備期間(3月)
・ボーナスの時期(7月、12月)
・引っ越しが多い時期(3月、9月)
・年末年始(12月、1月)

などがあります。

また、家電量販店やメーカーの決算月も売上を伸ばすために家電が安くなる時期です。ちなみに平日と土日を比べると土日の方が安くなっていることが多いみたいですよ!

と、いうわけで最も家電量販店が安くなる時期は3月の月末の土日と言えそうです!お客さんが多い時期で大変ですが、ぜひ狙いたいところですね!

 

【スポンサードリンク】


 

家電量販店で安く買う方法!実践レポ

ではでは!実際に筆者が家電量販店で家電を安く買った方法をご紹介したいと思います。

【ポイント1】安くなる時期を狙う!
家電を買うならやっぱり3月末の土日がいいですね。2月の土日や3月の平日とも比較してみましたが、やっぱり全体的に大きくディスカウントされているのは3月末でした。店員さんにちらっと聞いてみたところ、新生活に向けて家電製品を揃える人が多いので、新生活応援フェアやおまとめ買いキャンペーンなど家電量販店側も販売に力を入れる時期なのだそうです。筆者も3月に標準を合わせて家電購入を検討しましたよ!

【ポイント2】家電の相場を知ろう!
家電量販店では値引きができるものと思ってとんでもない額を提示したり、「安くして」「どのくらいにできるの?」など曖昧なお願いをしても店員さん側も困ってしまいます。まずは欲しい家電の正しい相場を調べてみましょう。方法としては、いくつかの家電量販店を回って定期的に家電の価格をチェックしてみたり、ネットの比較サイトを利用してみたりするといいでしょう。相場がわかっていると値引き交渉の際にも役立ちますよ!

【ポイント3】見積もりをとってみよう!
いよいよ購入を検討する段階まできたら、家電量販店を回って各店で見積もりを取ってもらいましょう!ここが一番重要なポイントです。まとめて家電を買う際などはサービスカウンターで聞いてみると一括で見積もりを取ってくれますよ!1件目で見積もりを取ってもらったら、それを持って別の店でまた見積もりを取ってもらいます。その時に「●●(別の家電量販店)で見積もりを取ってもらったんですが、こちらでも同じもので見積もりをお願いできますか?」と聞いてみましょう。前よりも安い値段の見積もりがでてきます!どんどんやすくなるので本命のお店は一番最後に行くといいですよ。

【ポイント4】まとめ買いの場合は各フロアでも価格を確認!
安くなる時期にまとめて家電を買う方もいますよね!そんな時に便利なのがまとめ買いカウンターです。ほしい商品を言えば、各フロアを回ることなく一括で目つもりを取ってくれます。まずはここですべての商品の見積もりを取ってもらいます。他店で見積もりを取ってもらったものを持っていく場合、まとめて安くしてくれることもありますよ!ただ、まとめ買いが必ずしも一番お得とは限りません!各フロアの担当者次第ではさらに安くしてくれることもあります。ですから、まとめ買いカウンターで見積もりを貰った後、さらに各フロアで値段をチェックしてみると良いです。闇雲に値引きを要求するのはよくありませんが「ご相談ください」ということであれば、交渉してみると意外なほど安くなることがありますよ。その際は必ず商品のメーカー担当者に声をかけるようにしましょう。

筆者はこれらのポイントに気を付けることで、初期の見積もりから5万円以上も安く家電を買うことができました!

間違った安く買う方法に注意!

家電量販店で安く買う方法について様々な情報が出ていますが、あくまでも「安くしてもらっている」ということは忘れてはいけません。安く!安く!とそればかりに気を取られて無理難題を押し付けるのはやめましょう。常識的な範囲内で具体的な希望額を提示すれば、店員さんも相談に乗ってくれます。値引き交渉をする際は他店の見積もりを提示するなど、値引きの根拠となるものがあるといいですね。
ただし、一時期増えたネットの最安値を提示するのは最近は効果があまりないようです。そもそもネットと実店舗ではかかるコストが違うので比較されても・・・というのが正直なところのようです。「さすがにその金額は無理です」と断られることもあるようなので、ネットの最安値ばかりをかき集めるのはお勧めしません。

 

【スポンサードリンク】


 

まとめ

今回は家電量販店で安く買う方法と安くなる時期についてお送りしました。ポイントに気を付けてお買い物を楽しんでくださいね!

★bonitaで人気!恋愛特集はこちら★

★Beauty系ニュースはこちら★

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)