【東京シェアガール】浮気相手は自分だった?!男が浮気相手に”しないこと”リストで浮き彫りになった真実とは?!

【東京シェアガール】浮気相手は自分だった?!男が浮気相手に”しないこと”リストで浮き彫りになった真実とは?!


東京で女性専用シェアハウスに住むayameがお送りする大人女子のリアルなガールズトークコラム
【東京シェアガール】
女の本音とウソみたいなホントの恋愛トークを個性豊かなシェアハウスガールと共にお届けします★

  

【スポンサードリンク】


  

浮気彼氏に悩むユイが上京した理由

フランス人彼氏と遠距離恋愛を選択してシェアハウスにやってきたサツキ。
結婚間近だったケチ彼氏を振って新規一転シェアハウスにやってきたマイコ。

女にはいろいろあるものです。

もうひとりのシェアハウスメンバー、ユイも”訳あり”で上京してきました。
今回はそんなユイのお話です。

ユイは遠く九州から東京のシェアハウスにやってきました。
年は34歳。
住み慣れた場所も居心地のいい職場も、全て捨てて、身一つでした。

ユイにはそうするしか道がありませんでした。

なぜなら、

別れたい、
別れなければいけない、

そんな彼氏がいたのです。

その彼氏にはユイ以外にも付き合っている彼女がいました。
それはユイも知っている職場の後輩。

その事に気付いたとき、
ユイは彼氏に浮気をやめるように訴えました。
しかし、彼氏はのらりくらり。。。
好きな気持ちもあって強く言うことができないまま関係を続けていたのです。

頭ではわかっていても、情に流されてしまうものですよね。
男性はもちろん、女性も、
「そんな男やめちゃいなよ!」
って思うでしょう。

それでも、いざ自分がその立場に立ってしまうと割り切れないから不思議です。

いつか浮気をやめてくれるかも。
私のことを好きだっていってくれるし。
彼氏とあの子はきっとうまくいかないと思うし。

そんな言い訳で自分を騙しながら彼氏にしがみついてしまう。。。

虚しいですが、それでも諦められないことってあるんですよね。

ところが、そんな関係がしばらく続くと、ユイをさらに傷つける衝撃の事実が発覚したのです…!

 

浮気相手は自分だった!

そうです。
彼氏の本命はユイではなく、後輩の女の子だったのです。

ユイは彼氏にとって、”浮気相手”でした。

もちろん、はっきり彼氏に言われたわけではありませんが、彼氏の行動から次第にユイは気付いてしまったのです。

彼氏は同じ職場で5歳年下。
いわゆるザイル系のワイルドイケメンでした。

明るく人懐っこい性格で、
誰にでも好かれるタイプ。

ユイは彼氏と部署違いでしたが、遊びに来る度に声をかけてちょっかいを出してくる彼氏に次第に心引かれていきました。
ある日、彼氏から告白されて付き合うことに。

インドア派の二人のデートはお家が多くて、料理上手なユイはいつも彼氏のために手料理を振る舞っていました。
だんだんと彼氏もユイの家に入り浸るようになり、半同棲状態に。

ところが、次第に彼氏の行動がおかしくなっていきます。
平日は毎日ユイの家に帰ってくるものの、
週末はどこかに出掛けてユイの家にはやってこないのです。

平日、家にいる間もゴロゴロしていて、
料理も家事もユイが一人でこなしていました。
もちろん、食費も日用品も全てユイ持ち。
次第に貯金も切り崩さなければいけない状態に陥っていったのです。

どんどん疲れていく自分に対して、
もうひとりの彼女である後輩の女の子はいつも幸せそう…

なぜ?

ついにユイは後輩の女の子に探りをいれてみることに!
すると彼氏の自分に対する態度と後輩の女の子に対する態度を比べ、自分は浮気されていたのではなくて、

彼氏の浮気相手だった

ということを思い知らされることになりました。

  
【スポンサードリンク】


  

男が浮気相手に”しないこと”

ユイは自分が彼氏にとっての浮気相手だったことを知ったのは、彼氏が自分には”しないこと”を後輩の女の子に”していた”からでした。

男は本命と浮気相手で”すること”、”しないこと”が違うみたいですね!

ユイが「自分が浮気相手なんだ!」と確信した出来事をリスト化してみました。

【男が浮気相手に”しないこと”】

①予定を合わせない
ユイと彼氏が合うのはいつも平日の夜、仕事の後。
それに対して後輩ちゃんは土日祝日と1日中!
もちろん平日も後輩ちゃんとデートの時はそちらを優先。
逆に後輩ちゃんと予定がないときはユイのところへ来ているようでした。
基本的に約束はしないし、ユイの予定なんて聞きもしません。
だからいつも当たり前のように、気まぐれで会いにくるんですね。

都合のいい女扱いされてるってことです。

②お金を出さない
後輩ちゃんとのデートではいつも彼氏の奢りだったようです。
それに対してユイは自腹で二人分の食事をいつも用意しています。

たまにだったらまだしも、いつもいつも食事を作っていたら養っているようなものですよね。
だからと言って、食費を出すわけでもないし、何か買ってきてくれるわけでもない。

心を許して甘えてるという考え方もできなくはないですが…大切にされてる感は0ですよね。

個人の性格にもよりますが、男は好きな人には「お金を出したい」人が多いみたいですね。
そうじゃない人には「お金使うのもったいない」と思ってしまうんだとか…

③紹介しない
あからさまですが…
彼女だったら周りに公言するし、友人にも紹介しますが、
浮気相手だったら紹介なんてしてくれません。

ユイが後輩ちゃんに探りを入れられたのも、
彼氏が後輩ちゃんと付き合っているのはみんな知っていて、
ユイと彼氏が付き合っているのはみんな知らなかったから。

ユイは「職場で知られるのは恥ずかしいから、内緒にしておこう」と言われていました。
なかなか自分が彼女として紹介してもらえなかったら、怪しいと思ったほうがいいのかも?!

④慰めない
辛いとき、泣きたいとき、彼氏に優しく慰められたいものですよね。
しかし、浮気相手だと思われていると、いつも優しいのにそういう時に限って近くにいてくれない…

なぜならめんどくさいからです。

彼女だったら楽しいときも辛いときも分かち合おうとするのですが、男が浮気相手と分かち合いたいのは楽しいときだけ。

寄り添い会いたいのではなく、
都合のいいときに自分の気持ちを満たしてくれればいいのです。

ユイの場合も落ち込んでいるときは、
「一人になりたいでしょ?」
なんてうまーく言って側にいてくれなかったようです。

もちろん、後輩ちゃんの時は飛んでいくんだとか!!

ひどい(;´д`)

こんな感じで自分と後輩ちゃんに対する態度の違いから、自分が浮気相手なのだと確信。

ただ、悲しいことに
それでも好きで別れられず、
関係をそのままズルズル続けてしまったようです。

こんな扱いされてるのに?!
と思いますが…恋愛は難しいですよね。

 

まとめ

結局、浮気相手だと知りながらしばらく彼氏と付き合い続けたユイは、
「物理的に会えなくなるしかない!」
と考えて、別れる覚悟をして上京を選んだのでした。

別れ際の彼氏の台詞は
「俺はずっと好きだから!」
だったそうです。
浮気をする男はまったく身勝手だなーとつくづく思います。

  

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

よく読まれている記事